交通事故削減ソリューション「Pdrive」とは

高性能ドライブレコーダーを活用することで運転状況を「見える化」し、交通事故を削減するソリューションです。1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故が、さらにその背景には300件のヒヤリハットが潜在しています。Pdrive は、そのヒヤリハットを「見える化」します。見える化されたデータをもとに適確な「教育・指導」を行うことで事故率の低減につなげることが可能です。

2つの見える化により事故削減を実現

  • 危険運転を「見える化」

    高性能ドライブレコーダーにより、急ハンドル・急アクセル・急ブレーキの危険運転を検知し、リアルタイムで危険運転動画を管理者にメールで通知します。Pdrive導入前には確認できなかったヒヤリハットが見える化されることにより、前方不注意や、ながら運転など、危険運転の原因を適確に指導することが可能となります。

  • 運転評価を「見える化」

    月に1回、運転評価ランキングを自動で集計し、管理者へ通知します。組織内での優劣がわかるため、評価すべき人、指導すべき人が一目瞭然です。

  • 交通事故削減効果
    • 管理者が適確な指導を実施可能な環境が整うため、適度な緊張感でドライバーの安全運転意識が高まり、事故の減少につながります。交通事故が減ることにより、事故処理費用や自動車保険料などの関連コストの削減を実現します。

    事故リスクの予測を行う先進運転支援システム「Intelligent」搭載の
    パイオニア製高性能ドライブレコーダー

    TMX-DM03
    ADAS(先進運転システム)
    アウトカメラで、「前方車両の接近」「片寄り走行」を検知し、液晶画面・効果音・音声によってリアルタイムで注意喚起を行います。
    DMS(ドライバーモニタリング)
    インカメラで、ドライバーの「脇見」「眠気」を検知し、液晶画面・効果音・音声によってリアルタイムで注意喚起を行います。
    TTS(テキスト・音声通知)
    Pdrive専用サイトから、50文字までのテキストと、100文字までの音声を起動している端末に送信することが可能です。

    管理者の負担を軽減する「Intelligent Pilot」

    天気や時間などのリアルタイムな状況、デジタル地図データや事故多発地点、運転傾向からドライバーごとの事故リスクを予測します。予測した事故リスクをもとに必要なときのみ警告を行うことにより、警告に対する慣れを防止することが可能です。慣れを防止することでドライバーの持続的な安全運転を支援します。

    Pdriveの3つの導入効果

    危険運転を「見える化」

    社有車で発生した危険運転の動画が自動でリアルタイムに管理者に通知されるため、的確な教育と指導が実施可能になる。

    運行履歴の見える化

    車両での移動経路や走行時間などが自動で記録しており、簡単に出力できるため運転手の行動の分析に活用可能です。

    稼働実績の見える化

    車両全体の稼働率やアイドリング時間などが一覧で確認できるため、データをもとにした車両配備の見直しが可能になります。

    資料請求、お問い合わせはこちら

    お問い合わせフォーム